協同の苑

マイナビ

職場を知る

イメージ

新 恵理 私と「ときめき」との出会い

介護福祉士として入職して6年目になり、現在は特養で働いています。
社会福祉士の資格を取るために訪れた実習先が「ときめき」だったことが、私と協同の苑との出会いです。「ときめき」は伊丹市の中心部にあり、ボランティアの方々が大変多く、昔から地域の皆さんに支えられています。
職員同士の風通しも良く、気さくに話しかけてくださったり、困っている時には気付いてフォローしてくださる方々ばかりで、実習当時から職場環境の心地良さを実感していました。

居宅介護、デイサービス、特養と、様々な実習経験を積み、いざ就職活動という時、改めて介護職との向き合い方について考えました。
社会福祉士のような、ゲストがその人らしく自立するために、相談に乗り介護プランを立てることにも魅力は感じていましたが、自分自身が現場でゲストと向き合い、直接ふれ合いたいという想いがさらに強まり、「ときめき」の現場職に就くことを決めました。

イメージ

ご家族と訪れた四国への旅

特養は高齢の方々が暮らす場所なので、ゲストの最期の時を共に迎えることもあります。
その方と向き合えば向き合うほど、願いを叶えたいと思うのは自然なことです。
以前、「四国にある旦那さんのお墓を訪れたい」と強く願うゲストがおられました。入退院を繰り返し状態が安定していないこともあり、心苦しかったのですが初めはやんわりと話を逸らしていました。しかし、ご本人の強い意志をそばで感じていた私は、その願いを叶えたいと思いました。
そして、ゲストのご家族に私自身の想いを伝えると大変喜ばれ、ご家族しか知り得ない、ゲストと旦那さんの大切なお話も聞かせてくださいました。その後、ご家族と一緒にゲストに付き添って、四国に旦那さんのお墓まいりへ行くことに。誰も正確なお墓の場所を知らなかったのですが、ゲストのかすかに残る記憶を頼りに、ついに旦那さんのお墓を見つけることができました。
ご家族も私も、一緒になって喜び、そしてお墓の前で手を合わせていた、ゲストの幸せそうな顔は今でも忘れません。

メッセージ

毎日施設で働いていると、忙しさに追われて、時々目の前のゲストの表情を見逃してしまうこともあります。ゲストからすると、助けてほしい時、寂しい時、声を掛けにくい状況をつくってしまっているのかもしれません。
しかしここは、ゲストにとって生活の場であり、人生の大切なひとときを過ごす場所。それをいつも忘れてはいけないと思います。廊下で通りがかりでも、なにか一言私から話しかけたり、些細な変化にも気付き、ゲストとの関わりを増やせるよう心掛けています。

人とのつながりを感じられることが、ゲストの安心につながり、暮らしを豊かにしてくれます。
穏やかに過ごされる、そんなゲストの姿を見ることが私の喜びです。

仕事は決して楽ではありませんが、ゲストも職員も笑顔が絶えない職場です。
経験問わず、興味を持っていただけたなら、まずは一歩踏み出してみてください。
かけがえのない毎日を、一緒に積み重ねていきましょう。

数字で見る協同の苑

  • 男女比

    イメージ

    職員総勢497名。女性が多く活躍しています!ママさん世代の活躍も注目です!

  • 中途・新卒の割合

    イメージ

    新卒の方々はこれからの協同の苑を支える大切な存在。
    それと同時に、経験者の方々にとっても活躍しやすい場所となっています。

  • 育児休暇復帰人数

    イメージ

    在職職員中30名が復帰!
    子育てを応援してくれる環境、戻ってきやすい雰囲気、支える体制が整っています。

  • 利用者数

    イメージ

    現在10施設で2045名の方々に利用していただいています。

1年間の研修日数

イメージ

協同の苑のサービスの質を支えているのは「人」です。単に知識や技術を身につけるだけではなく、ひとりの人間として「自立」できるような力をつけてほしい。
・・・それが協同の苑の願いです。やさしさと思いやりを持った「福祉のプロ」を育てるために、法人内でさまざまな教育・研修プログラムを実施しています。職場で教育・研修が受けられるので、よりたくさんの職員が受講できます。
人材育成に力を入れているからこそ、大切な仕事の一貫として社員に学びの機会を与えています。

  • 新卒採用のみなさま
  • 既卒採用のみなさま

アイコン