協同の苑

マイナビ

業界について

イメージ

これからの社会に必要とされる成長業界!

昨今、まだまだ好景気とはいえない状況において、介護・福祉の市場は拡大傾向にあります。
そのため、異業種の企業などがどんどんこの市場に参入しています。

その背景には、高齢者人口の増加が挙げられます。
高齢化率(65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合)は2013年で25%となっており、2030年には30%を超えると予想されています。
さらに10年後には、人口800万人を超える"団塊の世代"が後期高齢者となる年齢を迎え、高齢者人口のさらなる増加が見込まれています。

こうした高齢者人口の増加を背景に、介護業界は拡大を続け、今後もさらなる拡大が見込まれています。

高齢化率(65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合)

3つのPOINT!

1 高齢者の人口はどんどん増えている。 2 今後10年間で、ますます成長を続ける業界! 3 可能性を感じ、様々な企業が市場参入している!

介護施設と障がい者支援施設の違い

一般的に高齢・障がいと分けられますが、高齢であろうが障がi
	あろうが、その人らしく、その人が望む普通の暮らしが出来るように支援すること。特別な事ではなく「人として当たり前の生活」を支援する事であり、ただその身体的、精神的特性から介護施設、障がい施設と区分されているだけだと考えています。高齢者介護も障がい者支援も日常の生活行為に不便や不自由さがある人に、その不便や不自由さを補い、支援するときに相手の心の負担にならないように、そっと手を添えてその人らしい生活が獲得できる手助けを、尊厳やプライバシーを守りながら行う行為であると考えています。

  • 新卒採用のみなさま
  • 既卒採用のみなさま

アイコン